ハンモックの作り方〜Mexican Hammock

ハンモックライフのメキシカンハンモックは簡易式のハンモックとは、編み方が全く違います。

メキシコのマヤの人たちに伝わる職人技で、すべてハンドメイドで、長い時間かけて編み上げられていきます。

ハンモックライフでは、特に腕のいい編み手にお願いして、質の高いハンモックを製作しています。

ハンドメイドのハンモックの素晴らしさをお伝えできれば幸いです。


では、ハンモックができるまでを順を追って見て行きましょう
手染めのカラフルな糸をハンモック製作の村に納品します。
まず、ベッド部分をハンモック専用の織り台(bastidor=バスティド−ル)を使って、丁寧に編み上げます。

ベテランの人でも約1週間かかります。

アーム部分を取り付けます。とても素早い作業です。メキシコ人って、けっこう働き者なのですよ。

編み上がったハンモックは、無駄な糸くずなどをここでカットします。また、編み上がりにミスがないか、入念に検品されます。

日本に向けて出荷する前に、町に運ばれます。再度、別のスタッフにより検品されます。熟練したスタッフの目は確かです。品質が合格したものだけが、ハンモックライフに届けられます。

そしてさらに日本で検品し、ハンモックライフの基準に合格したものだけを、お客様に届けします。

こうしてできあがったハンモックは、人々にやすらかな時間をあたえてくれます

メキシコでは赤ちゃんの揺りかごとしても、ハンモックが使われます。

マヤの人々は、「ハンモックで生まれて、ハンモックで一生を終える」と言われるほど、日々の生活に欠かせないものとなっています。

日中はソファがわりに座り、夜はベッドとして。ハンモックはひとつで何役もこなす、多目的な家具なのです。

ビーチでのハンモックは最高!
青い海を見ながらシエスタのひとときを。